ここ数ヶ月、よっぽど眠るのが遅くならない以上マイホームでは幼稚園児の子供たちにピクチャーブックの読み聞かせをしてから交わるようにしています。
読み聞かせって、脳に良い影響があるとかいうし家族の大切なチャンスですとか聞いたことはあります。
でも我々は思いついた拍子しかこれまで読み聞かせしてなかったのです。
もしくは、子供たちにせがまれて時間にかなり余裕があるところだけです。
それなのに乳児が眠る頃に帰宅する男にお夕食を試したくて乳児には早く寝て欲しくてなかなか寝つかない子供たちに苛立ってました。
でもふとしたところ、子供たちってピクチャーブック読んであげたお天道様の方が就寝に取り去れるのが早い気がするなと気が付いたんです。
つまり、入眠の祭礼のようなもので寝る前に静かに、慣れている奥様の会話でピクチャーブックを読んで買う事で就寝に落ちやすく達するみたいなのです。
それを感じてからは、必ずと言って良いほどピクチャーブックを読み聞かせてある。
ピクチャーブックの読み聞かせって実は両親の脳にも良いらしいので、ボケ防止だと思って続けようと思います。
我が家の男子両者は、いつまで両親の読み聞かせを楽しんでくれるのかなとそれも気になるところです。